スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


パソコンスクールの主催するセミナー参加

パソコン資格を取得するために、通信講座を利用には、ビデオやDVDで繰り返し学習、添削レポートを使用したタイプ、最近ではインターネット経由で入手するなどがありますね。

その他にパソコンスクールの主催するセミナーや勉強会などに参加するのもいいでしょう。
これらのものは短期間のうちに行われることが多くいため、時間的余裕の無い人にはお勧めであると思います。

パソコン資格の学習方法について

パソコン資格の学習方法については、いろんな方法がありますが、人によっては資格に対する相性というものもあるようです。
簡単な資格であってもなかなか取得できない人もいれば、これといった準備をしなくても難しい資格を1回でパスしてしまう人もいます。
学習方法には正解はありません。
自分の性格や時間的なゆとり、経済的な余裕などを考慮しながら考えてみましょう。

資格取得の目的は?

資格を取得しようと思う動機は、人それぞれですね。そこで、資格取得の目的について興味深いニュースを紹介します。

エンジニアにとって、資格取得は自分の知識を積み上げ、スキルアップするうえで目安となるもの。最近はより専門分野に則した資格も続々登場しつつある。その資格取得の目的や資格手当の現状、手当への満足度をアンケートで尋ねた。自分の知識を裏づけ、仕事へのモチベーションを高めるために...資格取得の方法
そのため、資格試験のための勉強が、技術をキャッチアップするためのよいきっかけになる。これらはいつの時代も変わらない転職理由だ。
業界の中で広く認められるスタンダードなく資格取得していれば、それが技術力の証明や裏付けになるという点も見逃せない。社内の昇進・昇格の際、あるいは転職において、資格の内容が、技術者のスキルを推定するバロメーターになる。業界によっては、デファクト・スタンダードな製品・規格をもつ有力ベンダーとパートナーシップを結ぶためには、一定数のベンダー資格取得者を社内にそろえる必要がある場合もある。その場合は、資格取得支援はいわば会社が事業を進めるうえでの必須条件となり、各種資格取得は奨励のレベルを越え、一種の業務命令に近いものになる。
資格取得するもう一つのメリットは、資格手当などの直接的なインセンティブ、金銭的報酬だろう。世の中の流れとしては、福利厚生的な意味合いの強い「手当」は廃止される傾向にあるが、それでも資格試験に合格すれば受験料の補填や、「報奨金」「奨励金」などの名目で一時金を支払う企業は少なくない。金銭目当ての資格取得は本来の姿ではないにしても、試験勉強に取り組むうえで励みになることもまた確かだ。

今回、100人のITエンジニアを対象に、保有する資格の状況や、資格手当などの有無についてアンケートを取った。初級レベルを中心に7割がなんらかの資格取得...
アンケートによれば、資格取得者が多いのは、「第二種情報処理技術者(※現在は「基本情報技術者」)」(26人)「初級システムアドミニストレータ」(26人)「ORACLE MASTER silver」(12人)、「MCP」(10人)「CCNA」(8人)などである。アンケート調査に当たって編集部がリストアップした資格は全部で59種におよぶが、回答者のうち70%が「いずれかの資格をもっている」と回答している。ITエンジニアにとって資格取得は、ほぼ当たり前の行為といってよいのではないだろうか。ただ、上記に具体的にあげた資格はいずれも、国家資格・ベンダー資格の中では「初級」に位置づけられるもの。シスコ技術者認定についていえば、さらにその上の段階、プロフェッショナル(CCDPやCCIPなど)やエキスパート(CCIE)へのステップアップが求められている。資格取得が手当額や昇給・昇格にどのような影響があるのだろうか。[出典:ライブドアニュース]

社会福祉主事任用の資格

社会福祉主事任用資格は本来、福祉事務所の現業員(ケースワーカー)として任用される者に要求される資格(任用資格)ですが、社会福祉施設職員等の資格基準などに準用されています。
社会福祉の基準的な学習をしたことの目処ともされていることから、この社会福祉主事任用資格を持っていることを条件としたり、希望する求人も多くなっています。

社会福祉主事任用資格の取得方法

社会福祉主事任用資格の取得方法には
1.厚生労働省の指定する養成校を卒業する。
2.都道府県の行う講習会に出席する。
3.大学等で厚生労働省の指定する科目を3科目以上履修する。
ことで社会福祉主事任用資格が取得できます。 

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links