<< 日本語教育能力検定 | main | 保育士・幼稚園教諭資格 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


良く調べておきたい資格試験情報

一口に資格試験情報と言っても、受験資格のあるものから、難易度が高いもの、取ったものの就職に役立ちにくいものまで様々です。資格試験情報をリサーチする前に、この事を念頭に入れておきましょう。

例えば、医療・福祉関連資格ですと、薬剤師は受験資格がありますが、ホームヘルパーは、ありません。技術・製造・土木・建築関連資格ですと、電気工事士資格は就職に直結しますが、インテリアコーディネーターを取っただけだと、必ずしも就職に有利とは限りません。自らの、興味・関心と資格以外のプラスアルファが自分にどれだけあるか?
を考慮することが、資格試験情報を調べる前に、必要な事です。
例えば、対人能力とか美的感覚とか、ホスピタリティーとか。インテリアコーディネーターは、資格以外に営業能力が要ります。資格試験情報の大本営発表には、資格さえ取れば就職できる事が書いてありますが、実際には、そうじゃありません。

だから、資格試験情報を調べるには、ネットに頼るだけでなく、実際に働いている人の、見方も知ることが大事です。資格試験情報というと、情報過多の世代には、メディアやネットという事になりがちですが、生の声こそ、最強なのです。

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 17:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links