<< CFPと求められる要件 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


CFP資格要件の具体的内容


CFPの資格は4つの要件(4E)の、具体的内容は次の通りです。

・教育(Education)
所定のFP教育カリキュラムの修了。
資格の維持や更新には継続教育による所定の単位取得が必要です。

・試験(Examination)
教育要件を満たし、学んだファイナンシャル・プランニングの内容を実際の場面で活用できるかどうか、その能力を評価します。
試験の合格は、実務の遂行において必要なレベルに達している証明となります。


・倫理(Ethics)
教育、試験、経験の各要件を満たすと、日本FP協会が定める倫理規程の遵守に関する約定書に署名します。
ファイナンシャル・プランナーは専門知識も必要であると同時に、高い職業的倫理観の保持が必要不可欠であるからです。

・経験(Experience)
ファイナンシャル・プランナーには経験が必要となります。
CFPの認定者となるためには、CFP資格審査試験の合格とともに、エントリー研修、3年以上の実務経験が必要とされています。
そして、CFP認定者には2年ごとの更新が義務付けられています。


スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links