<< 情報処理技術者試験のメリット | main | CFP資格要件の具体的内容 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


CFPと求められる要件

日本FP協会のライセンス認定がありますが、CFPの資格は4つの要件(4E)に基づいて行われています。
ファイナンシャル・プランナー(FP)が、ファイナンシャル・プランニングを行う場合、顧客の家族の状況、資産状態などプライバシーに関わる情報が必要不可欠です。
それと同時に、プランは顧客の一生に関わる問題です。

そのため、ファイナンシャル・プランナーには高い職業的倫理観、その深い自覚が要求されます。
ファイナンシャル・プランナーとして認定されるためには、4つのEが必要となるのです。

4つのEとは、
・教育(Education)
・試験(Examination)
・経験(Experience)
・倫理(Ethics)
の4つを指します。

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 11:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links