<< 情報処理技術者試験 | main | CFPと求められる要件 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


情報処理技術者試験のメリット


情報処理技術者試験は、大きく5部門の分類で、情報システム開発に関わる資格試験が4部門と初級シスアドという、職場のパソコンリーダー養成のための資格試験となっています。
その中でさらに細かく14区分に分けた試験内容になっており、試験を実施しています。

基本情報技術者、初級シスアドだけは全試験マークシート方式ですが、それ以外の上級資格は筆記や論文などがあり、きわめて難易度が高いものになっています。

情報処理技術者試験のメリットとしては、合格者に、経済産業省の登録制度である「SI登録」、「SO認定」となっています。
これら登録制度は、政府や地方自治体の事業における入札の際の、参加資格の重要な参考項目にもなっています。

また企業によっては一時金や資格手当などといった報奨金をもらえる場合があるという点や、企業や官庁への就職の際に試験合格を考慮され優遇を受けるといった点にあります。
就職の際に資格を考慮してくれる企業も多く、中小企業診断士や弁理士の資格取得の際には、試験の一部免除制度が設けられています。

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links