<< 助産師の資格取得 | main | 情報処理技術者試験のメリット >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


情報処理技術者試験


情報処理技術者試験とは、国が、情報処理の促進に関する法律の規定に基づき、情報処理に関する業務を行う者の技術の向上のために必要な知識や技能をはかる国家試験です。
独立行政法人である情報処理推進機構が、春と秋の年2回行っています。
情報処理に関する業務を行なう者の知識や技能の水準を測る目的で行なわれています。
情報処理を開発する技術者や利用するエンドユーザーのための試験として、いくつかの段階に分けられて試験が実施されています。

情報処理技術者試験の目的としては、
一つに技術者に目標や刺激を与え、その技術の向上に役立てること
二つ目に、社会にその技術の水準を示すことにあり、それによって、教育や仕事の現場での教育水準を確保していく
目的にもなることです。

また、国家資格としての社会的認知度も高く、企業や官庁などでの就職や地位向上の際の大きな指標となっています。

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 13:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links