| main | 良く調べておきたい資格試験情報 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本語教育能力検定

日本語教師の資格取得で国内、海外問わず幅広く活躍したい!

日本語教師という職業は主に外国人に対して日本語を教えるのが仕事です。
私たちが普段からぺらぺらと話している言葉を教えるのだから、そんなに難しい仕事ではない、と思う人も中にはいるかもしれませんが、実は日本語教育というのはとても難しい仕事なのです。

日本語を知っているだけでなく、外国人との接し方や習慣に対する理解も必要になってきます。
そのため、日本語教育能力検定の試験レベルは大変高く、広い範囲から出題されます。
日本語教育の専門家として知識と能力が必要とされる水準に達しているかどうかを検定するもので、試験合格率は20パーセントを切っています。

受験勉強は、経済的には出費がかさみますが、スクールに通い集中講座を受講するなどした方が効率的です。

また、年齢制限がないので、仕事をリタイアされた後に日本語教師を目指す方が多いこともこの資格の特徴です。


スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links