<< 手話通訳士の試験 | main | 情報処理技術者試験 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


助産師の資格取得

産婦が希望する出産スタイルも幅広くなり、自宅出産や自然出産が再び注目されるようになってきています。
助産師の資格を持つ人の需要がとても高まっている時代です。

仕事は、妊婦が出産するときの介助です。
とてもハードですが、妊産婦からの絶大な信頼を受ける心強い存在でもあり、やりがいのある仕事と言えます。

収入は就職先によって異なりますが、勤めの場合、一般的に看護師より月に数万円給料がよいようです。
助産師は専門性の高い資格として、またいくつになっても仕事が続けられるという将来性も大きな仕事です。

助産師の資格を取得するには、まず看護師試験に合格するか、看護師国家試験を受験する資格があり、さらに文部科学大臣指定校で6ヶ月以上学科を修めるか、厚生労働大臣指定の助産師養成所を卒業するか、厚生労働大臣に認可を受けた人が、助産師国家試験を受験し、合格しなければなりません。
合格率は100パーセントに近く、普段からまじめに勉強していれば、難しい試験ではありません。


スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 11:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links