<< ケアマネジャーの資格取得 | main | 手話通訳士という専門職 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ケアマネージャーの受験資格

ケアマネージャーの受験資格は、一定の資格を持ち一定の期間の実務経験がある人しか試験を受けられないようになっております。
それは、保健・福祉・医療の各分野に幅広い知識や技術が必要とされる専門職であるためです。実務研修受講試験の受験資格の資格を持ち、原則として福祉や医療などの分野で5年以上の実務経験がある者、または資格が無くても老人福祉施設や民間介護サービス業で5〜10年以上の経験がある者はケアマネージャー資格受験が可能です。

介護施設、障害者施設の「相談援助業務」に5年以上で通算900日以上、や訪問介護の仕事など「介護等の業務」に10年以上で1800日以上従事するなどの資格要件を満たしていれば、ケアマネージャー資格受験することができます。有資格者も無資格者も、受験申し込みの際には、申込日の3カ月以内に発行された「実務経験証明書」あるいは「実務経験見込証明書」を勤務先に発行してもらう必要があります。

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 10:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links