<< 少年指導員資格の仕事 | main | ケアマネージャーの受験資格 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ケアマネジャーの資格取得

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、2000年4月から始まった「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

ケアマネジャーの資格を取るためには、まず「介護支援専門員(ケアマネージャー)実務研修受講試験」に合格しなければなりません。
試験に合格すると、ケアマネージャーになるための「実務研修」を受ける資格を持つことができます。合格者は、後日行われる「介護支援専門員実務研修」を終了することでケアマネージャーとしての資格を取得できます。 

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • 14:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links