スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


CFP資格要件の具体的内容


CFPの資格は4つの要件(4E)の、具体的内容は次の通りです。

・教育(Education)
所定のFP教育カリキュラムの修了。
資格の維持や更新には継続教育による所定の単位取得が必要です。

・試験(Examination)
教育要件を満たし、学んだファイナンシャル・プランニングの内容を実際の場面で活用できるかどうか、その能力を評価します。
試験の合格は、実務の遂行において必要なレベルに達している証明となります。


・倫理(Ethics)
教育、試験、経験の各要件を満たすと、日本FP協会が定める倫理規程の遵守に関する約定書に署名します。
ファイナンシャル・プランナーは専門知識も必要であると同時に、高い職業的倫理観の保持が必要不可欠であるからです。

・経験(Experience)
ファイナンシャル・プランナーには経験が必要となります。
CFPの認定者となるためには、CFP資格審査試験の合格とともに、エントリー研修、3年以上の実務経験が必要とされています。
そして、CFP認定者には2年ごとの更新が義務付けられています。


CFPと求められる要件

日本FP協会のライセンス認定がありますが、CFPの資格は4つの要件(4E)に基づいて行われています。
ファイナンシャル・プランナー(FP)が、ファイナンシャル・プランニングを行う場合、顧客の家族の状況、資産状態などプライバシーに関わる情報が必要不可欠です。
それと同時に、プランは顧客の一生に関わる問題です。

そのため、ファイナンシャル・プランナーには高い職業的倫理観、その深い自覚が要求されます。
ファイナンシャル・プランナーとして認定されるためには、4つのEが必要となるのです。

4つのEとは、
・教育(Education)
・試験(Examination)
・経験(Experience)
・倫理(Ethics)
の4つを指します。

情報処理技術者試験のメリット


情報処理技術者試験は、大きく5部門の分類で、情報システム開発に関わる資格試験が4部門と初級シスアドという、職場のパソコンリーダー養成のための資格試験となっています。
その中でさらに細かく14区分に分けた試験内容になっており、試験を実施しています。

基本情報技術者、初級シスアドだけは全試験マークシート方式ですが、それ以外の上級資格は筆記や論文などがあり、きわめて難易度が高いものになっています。

情報処理技術者試験のメリットとしては、合格者に、経済産業省の登録制度である「SI登録」、「SO認定」となっています。
これら登録制度は、政府や地方自治体の事業における入札の際の、参加資格の重要な参考項目にもなっています。

また企業によっては一時金や資格手当などといった報奨金をもらえる場合があるという点や、企業や官庁への就職の際に試験合格を考慮され優遇を受けるといった点にあります。
就職の際に資格を考慮してくれる企業も多く、中小企業診断士や弁理士の資格取得の際には、試験の一部免除制度が設けられています。

情報処理技術者試験


情報処理技術者試験とは、国が、情報処理の促進に関する法律の規定に基づき、情報処理に関する業務を行う者の技術の向上のために必要な知識や技能をはかる国家試験です。
独立行政法人である情報処理推進機構が、春と秋の年2回行っています。
情報処理に関する業務を行なう者の知識や技能の水準を測る目的で行なわれています。
情報処理を開発する技術者や利用するエンドユーザーのための試験として、いくつかの段階に分けられて試験が実施されています。

情報処理技術者試験の目的としては、
一つに技術者に目標や刺激を与え、その技術の向上に役立てること
二つ目に、社会にその技術の水準を示すことにあり、それによって、教育や仕事の現場での教育水準を確保していく
目的にもなることです。

また、国家資格としての社会的認知度も高く、企業や官庁などでの就職や地位向上の際の大きな指標となっています。

助産師の資格取得

産婦が希望する出産スタイルも幅広くなり、自宅出産や自然出産が再び注目されるようになってきています。
助産師の資格を持つ人の需要がとても高まっている時代です。

仕事は、妊婦が出産するときの介助です。
とてもハードですが、妊産婦からの絶大な信頼を受ける心強い存在でもあり、やりがいのある仕事と言えます。

収入は就職先によって異なりますが、勤めの場合、一般的に看護師より月に数万円給料がよいようです。
助産師は専門性の高い資格として、またいくつになっても仕事が続けられるという将来性も大きな仕事です。

助産師の資格を取得するには、まず看護師試験に合格するか、看護師国家試験を受験する資格があり、さらに文部科学大臣指定校で6ヶ月以上学科を修めるか、厚生労働大臣指定の助産師養成所を卒業するか、厚生労働大臣に認可を受けた人が、助産師国家試験を受験し、合格しなければなりません。
合格率は100パーセントに近く、普段からまじめに勉強していれば、難しい試験ではありません。


手話通訳士の試験


手話通訳は、以前はボランティアの一環として考えられていましたが、その役割の重要性から1989年に厚生省公認の資格試験制度が始まりました。
福祉の施設の中でも、特に聴覚障害者をバックアップする仕事に就きたい人たちには必須の資格が登場したのです。

仕事内容は手話通訳だけでなく、聴覚障害者の各種相談や指導の仲介に入ったり、病院・役所・学校などに出かける際の付き添いなども含まれます。
また地域社会での手話を必要とするボランティア活動や福祉活動に対して啓蒙的な役割を担うなど、仕事に幅があります。
その分、福祉に対するより深い知識や高い技術の習得、熱意が求められます。

実際に働く現場では、純粋に手話通訳士としてではなく、手話ができる職員として扱われることが多いようです。
また、ボランティアセンターに登録して、センターから来るさまざまな依頼を受ける、という形の派遣事業に携わる人も多いです。


手話通訳士の試験は、20歳以上で、手話通訳経験が3年程度以上ある人が受けられます。
学科試験(一次試験)と実技試験(二次試験)の2段階で行なわれます。
もし二次試験で不合格になっても、一次試験をパスしていれば、本人の申請により次の2回の一次試験が免除されます。


手話通訳士という専門職

何年か前に流行ったテレビドラマの影響で、一時期、手話がブームになりました。
その頃、書店には特設コーナーが設けられ、手話に関する書籍やビデオが爆発的に売れた、との報告もあります。
今まで福祉とは縁のなかった人が、福祉の世界に興味を持つ一つのきっかけになったといえるでしょう。

聴覚障害者が暮らしやすい社会をつくるうえで、なくてはならない存在が手話通訳士という専門職です。
聴覚障害者のコミュニケーション手段である手話は、言葉と同じように、地域によって異なったり、時代とともに変化したりします。
また出身地や年齢によっても表現方法が微妙に異なったりします。
手話通訳士は、このように変化する言葉の内容を正しく理解し、健聴者と聴覚障害者との間に立って橋渡しをするのが重要な仕事です。


ケアマネージャーの受験資格

ケアマネージャーの受験資格は、一定の資格を持ち一定の期間の実務経験がある人しか試験を受けられないようになっております。
それは、保健・福祉・医療の各分野に幅広い知識や技術が必要とされる専門職であるためです。実務研修受講試験の受験資格の資格を持ち、原則として福祉や医療などの分野で5年以上の実務経験がある者、または資格が無くても老人福祉施設や民間介護サービス業で5〜10年以上の経験がある者はケアマネージャー資格受験が可能です。

介護施設、障害者施設の「相談援助業務」に5年以上で通算900日以上、や訪問介護の仕事など「介護等の業務」に10年以上で1800日以上従事するなどの資格要件を満たしていれば、ケアマネージャー資格受験することができます。有資格者も無資格者も、受験申し込みの際には、申込日の3カ月以内に発行された「実務経験証明書」あるいは「実務経験見込証明書」を勤務先に発行してもらう必要があります。

ケアマネジャーの資格取得

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、2000年4月から始まった「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

ケアマネジャーの資格を取るためには、まず「介護支援専門員(ケアマネージャー)実務研修受講試験」に合格しなければなりません。
試験に合格すると、ケアマネージャーになるための「実務研修」を受ける資格を持つことができます。合格者は、後日行われる「介護支援専門員実務研修」を終了することでケアマネージャーとしての資格を取得できます。 

少年指導員資格の仕事

福祉の職場で活躍している人の中に「母子指導員」「少年指導員」という職種があります。 
「母子生活支援施設」という、以前は母子寮と呼ばれていた施設で働いているんですね。
少年指導員は、子どもの日常生活の援助を中心に、学習や生活習慣を身につけられるような行事を立案したり、人間関係をうまく保てるような援助をする仕事をしています。

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links