スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本語教育能力検定

日本語教師の資格取得で国内、海外問わず幅広く活躍したい!

日本語教師という職業は主に外国人に対して日本語を教えるのが仕事です。
私たちが普段からぺらぺらと話している言葉を教えるのだから、そんなに難しい仕事ではない、と思う人も中にはいるかもしれませんが、実は日本語教育というのはとても難しい仕事なのです。

日本語を知っているだけでなく、外国人との接し方や習慣に対する理解も必要になってきます。
そのため、日本語教育能力検定の試験レベルは大変高く、広い範囲から出題されます。
日本語教育の専門家として知識と能力が必要とされる水準に達しているかどうかを検定するもので、試験合格率は20パーセントを切っています。

受験勉強は、経済的には出費がかさみますが、スクールに通い集中講座を受講するなどした方が効率的です。

また、年齢制限がないので、仕事をリタイアされた後に日本語教師を目指す方が多いこともこの資格の特徴です。


良く調べておきたい資格試験情報

一口に資格試験情報と言っても、受験資格のあるものから、難易度が高いもの、取ったものの就職に役立ちにくいものまで様々です。資格試験情報をリサーチする前に、この事を念頭に入れておきましょう。

例えば、医療・福祉関連資格ですと、薬剤師は受験資格がありますが、ホームヘルパーは、ありません。技術・製造・土木・建築関連資格ですと、電気工事士資格は就職に直結しますが、インテリアコーディネーターを取っただけだと、必ずしも就職に有利とは限りません。自らの、興味・関心と資格以外のプラスアルファが自分にどれだけあるか?
を考慮することが、資格試験情報を調べる前に、必要な事です。
例えば、対人能力とか美的感覚とか、ホスピタリティーとか。インテリアコーディネーターは、資格以外に営業能力が要ります。資格試験情報の大本営発表には、資格さえ取れば就職できる事が書いてありますが、実際には、そうじゃありません。

だから、資格試験情報を調べるには、ネットに頼るだけでなく、実際に働いている人の、見方も知ることが大事です。資格試験情報というと、情報過多の世代には、メディアやネットという事になりがちですが、生の声こそ、最強なのです。

保育士・幼稚園教諭資格




保育士資格と幼稚園教諭資格を分ける必要性はないという声が上がっており、いわゆる「幼保一元化」が検討されるようになりました。
これによって、現在では、幼稚園教諭の資格か保育士の資格のどちらかを既に取得している場合は、もうひとつの資格を比較的取りやすいようになっています。これからも、幼保一元化の動きは進んでいくことでしょう。

将来的には、完全に保育士資格と幼稚園教諭資格が同一のものになるときがあるかもしれません。しかし、現在のところは、保育士と幼稚園教諭資格は別のものです。
保育士になるためには、保育系大学・専門学校・短大などを卒業するか、保育系以外の大学・専門学校・短大を卒業するか二通りの流れがあります。後者の場合、保育士試験を受験し合格する必要があります。

デザイン系の資格

 デザイン系の資格には設計図を描くための資格とホームページを作るために必要な資格があります。設計図を描くためのCAD資格は、その出発点であります。
CAD資格を取得することにより、格好を浴びる次世代スキルを自分のものにするとあらゆる物造りの場で活躍できます。

CADにも二次元のもの、三次元のものなどたくさんあり、中でもCATIAは、3次元機械系CADソフトで自動車産業、電気機器産業などで 広く利用されていて、CATIAを操作できるオペレーター・設計者のニーズが急速に大きくなっているようです。

パソコン資格を取得するため方法

パソコン資格を取得するために、通信講座を利用するという方法もあります。

最近では、パソコン資格に関する情報もインターネット経由で入手することができます。
インターネットから仕入れた情報のみで学習し、パソコン資格を取得する人もいるようです。
インターネットが接続できる環境であれば、無料で情報は入手できますが、その情報に対する信憑性を判断することは難しいようです。

医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられます。

一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の専門職に就くための試験です。

二つ目は「医療秘書技能検定」で、これは日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験です。

三つ目は「医療事務技能審査試験」で、これは一般的にメディカルクラーク日本医療教育財団 JAD区分[公的資格] です。

四つ目は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、これは日本医療保険事務協会 JAD区分[公的資格]です。この試験は、医療事務試験の最高峰と言われるので、通学あるいは通信講座など、診療報酬請求事務能力認定試験の対策講座を受ける必要が出てくるでしょう。

selected entries
categories
sponsored links